幸せって何だっけ?

国連は「世界幸福度報告書」と呼ばれるランキングを発表しています。世界156か国を対象に毎年実施されるこの調査ですが、2018年の結果はまたもや北欧諸国が上位にランクインしました。デンマークは7年連続の快挙だった一方で、アメリカは18位と2017年から4つも順位を下げました。「幸せをどう測るか」については、多くの科学者たちが議論を重ねていますが、この調査では「犯罪」や「収入」「市民の社会参加」や「健康」に関するデータを用いた客観的な指標と、人々の感情を尋ねた主観的な指標の両方が測られた上で総合評価されています。

それでは国単位ではなく人間個人の幸せについてはどうでしょう。人の幸せを評価してランキングするとしたら、あなたの順位はどのくらいだと思いますか。「幸せに順位なんてあるの?」「幸せってどうやって測るの?」と疑問に思う人が多いかもしれません。たしかに幸せとは個人が感じる心持ちのことで、他者と比べることなどできません。では「幸せ」とはそもそも何なのでしょうか?

人間は千差万別、誰ひとり同じ人物はいません。名前、顔、体格、性格、人格、感じ方、環境、どれをとっても人それぞれです。もちろん幸せの考え方も違いますから「私の幸せ=あの人の幸せ」ではありません。幸せとは人間それぞれの個性によって様々に定義づけられるものなのです。とはいえ、自分にとっての幸せについて、明確に答えられる人は意外と少ないものです。「私にとっての幸せって何?」とあなたはこれまで考えてみたことはありますか?はたして自信を持って答えられることができるのでしょうか。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*