スピリチュアルという概念

辞書で「スピリチュアル」という言葉は「精神の」「霊の」「超自然的な」という意味。スピリチュアルとは、私たちの意識のなかの超自然的、超意識的な部分、無意識で潜在的な部分をさしているのです。人間は普段から顕在意識と潜在意識の両方によって行動していますが、私たちが人間関係、社会関係を築くうえで健在意識だけでなく気づいていない潜在意識にも大きく影響されているのです。多くの人が目に見えることや意識できることに日々左右されて本来持っているスピリチュアルの感性を忘れてしまいがちです。しかし人生の本質を探る際、その忘れかけた感性をたよりに自分自身と向き合っていかなければなりません。幸せがなんなのか、自分らしく生きるにはどうしたらよいのか分からない今こそ「スピリチュアル」について知る必要があると言えるのではないでしょうか。

WHO世界保健機関(World Health Organization)は「全ての人々が可能な最高の健康水準に到達すること」を目的として設立された国連の専門機関です。1948年の設立以来、全世界の人々の健康を守るために広範な活動を行ってきました。そのWHOがスピリチュアルに関連する発表を行いました。「スピリチュアリティとは人々が生きるうえで体験する側面のひとつであり、体感や感情や思考のレベルで経験することを超越している領域である」としたのです。健康の定義には必ずしも含まれないとしているようですが、WHOがスピリチュアルについて正式に討議したことには意味がありますこのことで健康とスピリチュアルの関連性を考慮しようとする意識がより高まっただけでなく、スピリチュアルが健康ひいては人間の人生そのものに影響するものであると言えるのではないでしょうか。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*