呼吸とセルフヒーリング

セルフヒーリングの方法のひとつとして、呼吸法というやり方があります。呼吸は、人間が当たり前に行っていることですが、少し意識を変えるだけで大きな効果があると言われているそうです。
分かりやすい言い方をすると、意識的に深呼吸を行うと良いそうです。この時、胸式ではなく腹をへこませる腹式での深呼吸が効果的と言われています。深く吸って深く吐き出すことで、体の空気が新鮮なものに入れ変わります。また、深呼吸をすると自然と姿勢が正されるので、固まっていた体の部分を緩めることができるそうです。息を吐き出す時に、体の悪いものを吐き出すというイメージをすれば更に効果が出るという人もいるそうです。深呼吸はあくまでゆっくりと、何度も繰り返しても問題ありません。腹式で上手く深呼吸ができない場合は、風船を膨らませるなどをして練習をすることができます。用意が難しければ、ロウソクの火を吹き消すイメージでゆっくりと息を吐き出すことも効果があるそうです。
特にイライラしている時や緊張している時、自律神経のバランスが乱れている時、人は自然と呼吸が浅くなってしまいます。呼吸が浅ければ酸素が足りない状態になり、血管が収縮してしまいます。これにより体温が下がるなどの悪影響があり、体調も悪くなりやすくなってしまいます。深く呼吸ができるようになるだけで、脳に酸素が行き届き、精神的にも落ち着きやすくなるそうです。緊張状態でない時にでも、普段から意識的に行えるようになれば体と心に良い効果が表れるでしょう。セルフヒーリングは、あくまで自分を労わって癒すことが目的です。定まった方法はないので、深く呼吸をするという部分を意識しながら、リラックスできる方法を見つけましょう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*